6月29日はそらさやの夏祭り〝夏越祭〟


今年も夏祭りの季節がやって参りました。

当神社では今年も6月29日に〝 夏越祭(なごしさい) 〟を行います。

〝夏越祭〟とは、1月~6月までの半年間の災厄を祓い、この夏を元気に過ごせるよう祈念するお祭りです。

広島市内の神社で、1番最初に行われる夏越祭。

毎年多くの参拝者で境内が賑わいます。

平成28年6月29日(水) 夕方より

夏越祭参道風景

これから夏本番。

うちわを片手に夏の風を感じながら、提灯の明かりと夜店の並ぶ境内を歩く、、、
きっと日本の夏を感じられる事と思います。
お誘い合わせのうえぜひご参拝ください。

なお、当神社の夏祭りでは様々な特殊神事を行います。

※詳細は下記をご覧下さい。

神事内容・詳細

茅の輪くぐり(ちのわ)

〝茅の輪くぐり〟は気枯れ(けがれ)や災厄を祓う行事。

古来の伝説より、〝茅の輪〟は魔除けとされており、疫病や穢れ(けがれ)を祓う意味を成します。

当日は境内中央に大きな〝茅の輪〟が設けられます。

参拝の際は、茅の輪をくぐりご神前にお参りください。

夏越参道

18時~  火鑽り(ひきり)神事

ご神前で清浄な火をおこす神事です。

日本では古くから使われる〝火鑽り具(ひきりぐ)〟という道具を使い、神主が火をおこします。

ご覧になりたい方はお気軽にお申し付け下さい。

火鑽り神事

18時半~ 大祓式

ご神前に向かい〝大祓詞〟を奏上し、1月から6月までの半年間の災厄を祓う神事です。

19時半~ 御湯立て式

火鑽り神事でおこした火を使い、境内に据えた大きな釜で御湯を沸かす神事です。

茅(かや)の葉で作られた祓え具で、お湯を清めます。

また、神事では清めたお湯を参拝者の皆さまに振りかけ、皆さまを清め祓います。

このお湯をいただいて飲むと夏病みをしないと古くから言い伝えられており、

神事の後、参拝者の皆さまにふるまわれます。

〝御湯立て式〟風景
20時~  打ち上げ花火

神社前の川土手より打ち上げ花火があがります。

この辺りでの今年最初の打ち上げ花火。

この都心で打ち上がる花火は珍しく、平和公園などからもご覧になることができます。

夏越祭打ち上げ花火

 

お問い合わせ 空鞘稲生神社々務所

tel 082-231-4476

mail info@sorasaya.or.jp

神社は〝親しみやすく、身近な存在へ、、、〟