鬼は外!福は内! 空鞘稲生神社 『節分祭』


「鬼は外、福は内!」

小さい頃から誰しもが耳にしたことがあり、声に出したことのある言葉でしょう。

2月3日は「節分」

本来の〝節分〟とは、春の始まりの前日(立春の前の日)で季節を分けるという意味ももっています。

地方や神社によって風習によって様々な習わしがありますが、一般的には「鬼は外、福は内」と声を出し福豆を撒き、年齢の数だけ福豆を食べ、福を呼び込み厄を祓う、日本の古き良き風習です。

 

当神社では2月3日(水) 『節分祭』を行います。

式典         17時~
豆まき      17時30分~

空鞘〝節分祭〟風景

空鞘〝福豆〟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当神社の『節分祭』の豆まきは“当たり付き”!!

 

福豆やピーナッツの入った小さな袋をまくのですが、その袋の中には“白い紙”が入っています。

“白い紙”には縁起物や景品が記されているものもあり、もちろん白紙も、、、

 

全国の様々な神社の縁起物から、氏子地域のお店の食事券、お米、お肉、お酒などなどたくさんご用意しています。

 

年に1度の〝節分〟、、、

昔から続く日本の良き伝統行事を空鞘稲生神社で感じてみませんか。

 

お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。