空鞘えびす社の〝福かき熊手〟


広島の11月は“ えべっさん ”

えびす神社のお祭りといえば〝 福かき熊手 〟

当神社境内地にあります 『 空鞘恵美須社 』 にて、毎年11月14日に行われる “ えびす祭 ” では〝 福かき熊手 〟 の授与しております。

 

空鞘えびす社の福かき熊手の〝 顔 〟

熊手の〝 顔 〟

熊手の〝 顔 〟といえば 『 えびす大黒 』 。

2つ並ぶえべっさんの面は熊手の象徴ともいえる存在です。

当神社のえべっさんの面は〝 陶器 〟 で出来ており、熊手に重厚感を与えてくれています。

陶器ならではの表情と質感が昔から多くの方々に喜ばれています。

存在感のあるえべっさんの面はインパクトの大きいものとなっています。

 

 

空鞘えびす社の福かき熊手の〝 装飾品 〟

熊手の〝装飾品〟鳥居熊手の〝装飾品〟御札熊手の〝装飾品〟縁起物

 

 

熊手にはえべっさんの面と共に、様々な装飾品が施されております。

 

〝 木製の鳥居 〟・〝 注連縄(しめなわ) 〟や〝 空鞘恵美須社の守護札 〟と隣には稲穂が施されています。

 

熊手に向かって左下にあります縁起物の装飾品は毎年違った形に変わります。

今年は小槌をメインとした装飾です。

 

毎年同じ熊手に買い換えることが多いですが、変化ある縁起物は見て楽しめる魅力の1つです。

 

空鞘えびす社の福かき熊手の〝 特徴 〟

熊手熊手木札

 

当神社の熊手は比較的シンプルな作りとなっております。

紙製の装飾品が少なく、陶器や木、藁など1つ1つの質感を感じられます。

先ほどご説明した装飾品の他に、〝 鯛 〟・〝 俵 〟・〝 松 〟といった縁起物が施されており、細部まで見ていただけたら目でも楽しんで頂ける事と思います。

また、熊手に付ける木札へのお名前は、全て〝 宮司の直筆 〟で書かせて頂いています。

 

空鞘えびすの熊手の〝 種類 〟

当神社熊手は『 3種類 』の大きさをご用意しております。

大きいからたくさんの福をかき込める訳ではなく、〝その店〟〝その家〟に合った大きさをお選びください。

福かき熊手3種

初穂料  8000円

大→  縦幅 81.5 ㎝  横幅 50 ㎝

中→  縦幅  76 ㎝   横幅 43 ㎝

小→  縦幅 59.5 ㎝     横幅 29 ㎝

 

授与をご希望の方、お問い合わせの方は空鞘稲生神社社務所までご連絡下さい。

お問い合わせ

空鞘稲生神社社務所  TEL 082-231-4476