意外と知らない干支の数え方、、、平成27年は〝乙未(きのとひつじ)年〟!?


寒さ厳しくなり、今年も残りわずかとなってまいりました。

来年、平成27年は〝ひつじ年〟

実は〝ひつじ年〟という数え方は正式には『十二支』の数え方であり、『干支(えと)』の数え方ではないのをご存じですか?

 

『干支』とは、『十干十二支(じゅっかんじゅうにし)』という古くから年号、時間、方位等を表したものを用いた形とされています。

まず「十干(じゅっかん)」とは、漢字では「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」で、「こう、おつ、へい、てい、ぼ、き、こう、しん、じん、き」と読みます。

「十二支(じゅうにし)」とは、漢字で「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」で、「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い」と読みます。

この「十干」と「十二支」を組み合わせて年号として用いられており、この数え方を『十干十二支(じゅっかんじゅうにし)』といいます。

 

読み方はまず、「十干」を「甲」と「乙」、「丙」と「丁」、「戊」と「己」、「庚」と「辛」、「壬」と「癸」と、2つずつ組み合わせます。

それを順番に〝陰陽五行〟の「木」、「火」、「土」、「金(か)」、「水」に割り当て、前を「兄(え)」、「弟(と)」と読みます。

 

木(き)  ー 「甲」(兄) 、 「乙」(弟)

き    の   え  、   と

火(ひ)  ー 「丙」(兄) 、 「丁」(弟)

ひ    の   え  、   と

土(つち)  ー 「戊」(兄) 、 「癸」(弟)

つち   の   え  、   と

金(か)  ー 「庚」(兄) 、 「辛」(弟)

か    の   え  、   と

水(みず)  ー 「壬」(兄) 、 「癸」(弟)

みず   の   え  、   と

 

来年は「乙」と「未」になります。

「乙」は〝木〟の組み合わせの後ろ(弟)ですから「木の弟」=「きのと」と読みます。

「乙(きのと)」+「未(ひつじ)」

『乙未(きのとひつじ)年』となります。

 

〝10個の干〟と〝12個の支〟の組み合わせを続けていくと、再び同じ組み合わせが巡ってくるのは、60年目。。。

60年で暦(こよみ)が還ってくる事から、60歳が『還暦』と呼ばれています。

 

読み方など少しややこしいとは思いますが、『還暦』の他にも私達の周りには、この〝干支〟の数え方が数多く根付いています。

例えば、高校野球で有名な「阪神甲子園球場」。

こちらは大正13年(西暦1924)に建設されていますが、この年は「甲子(きのえねずみ)の年」という事から「甲子園」と命名されています。

また、広島県広島市西区の「庚午」という町においても、昭和5 年(西暦1930)「庚午(かのえうま)の年」に開かれたことにより「庚午」と呼ばれました。

 

他にも日常生活でかかせない〝時間〟にも『十干十二支』が隠れています。

古くは時間をも『十干十二支』で数えていました。

まず十二支を時間に当てはめると午前0時が「子(ね)の刻」になります。

24時間を12で数えますので、「一刻(いっこく)」は2時間になります。

順に数えていくと、昼12時は「午(うま)の刻」。

〝正午〟の〝午〟とは「午(うま)の刻」からきた言葉で、「午(うま)の刻」より前が〝午前〟、後ろを〝午後〟なのです。

 

普段何気なく目にしたり、使っている言葉の中にも『十干十二支』はたくさん使われており、目線を変えて周りを見渡せばまた新たな発見があるかもしれません。

 

当神社では毎年、その年の〝干支お守り〟を元旦より授与しております。

来年、平成27年(西暦2015)は『乙未(きのとひつじ)年』。

こちらの〝乙未お守り〟は空鞘稲生神社でしか受けることのできないお守りで、限定150体となっています。

 

 

〝60年に1度のひつじ年、、、〟

 

そう思うと感慨深く、今までとはまた違ったスタートをきることができるかと思います。

 

寒さの厳しい日が続きますが、体調管理に気を付けて元気に今年を締めくくりましょう。

 

乙未御守1乙未御守2