広島の11月は〝えべっさん〟! 空鞘恵美須社の〝えびす祭〟と『福かき熊手』


早いものでもう11月。今年もあと2ヶ月をきりました!

 

11月といえば広島の「えびす神社」ではお祭りの季節です。 全国的に見てみると「えびす神社」の例祭は1月に行われるのがセオリーではありますが、広島では昔から11月に行われることが多くあります。 基本的に「えびす神社」の御祭神は、〝事代主大神(ことしろぬし)〟とされており、商売繁盛、家内安全の神様として祀られています。

※地域や神社によっては事代主大神以外の神様を祀られている場合も多くあります。

 

空鞘恵美須社

えびす祭

 

当神社の境内には空鞘恵美須社があります。

末社として境内地に古くからご鎮座されております。

11月14日午後7時より空鞘恵美須社にて、〝えびす祭〟が行われます。

こちらのお祭りでは年々参拝の方も増え、空鞘えびすの〝福かき熊手〟を受ける方々で賑わいます。

神様への1年間のお礼と、これからの発展を祈ると共に、授与品である〝福かき熊手〟を宮前に並べ、一体一体に神様を宿します。

〝福かき熊手〟を受けられる方々をはじめ、皆様方の今後益々のいやさかを祈念いたしています。

当神社の〝福かき熊手〟は3種類。

福かき熊手

福かき熊手

初穂料8000円

大→縦81.5㎝ 横50㎝

中→ 縦76㎝   横43㎝

小→縦59.5㎝ 横29㎝

お店や家など、飾るスペースは限られています。

それぞれの場に合った大きさを選ぶことが出来ます。

 ※縦の長さは多少であれば短くする事も可能ですので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先 : 空鞘稲生神社社務所

TEL 082-231-4476

 

〝福かき熊手〟の授与をご希望の方は 「 空鞘神社社務所 」 までご連絡下さい。

お問い合わせ先 : 空鞘稲生神社社務所

TEL 082-231-4476