年の初めに〝 厄祓い 〟


厳しい寒さで始まった今年も早1週間が過ぎようとしています。

当神社では今年も年始から〝 厄祓い 〟を受けられる方が多く参拝に来られています。

 

〝 厄年 〟とは、、、

災難や不幸に出会うことが多いとされる男女の年齢を指します。

元々は平安時代の陰陽道の考えにもとづいて広まったものですが、一般的に男女ともに体調の点や、社会的役割の点でも大きな変化が起こりやす年齢とされています。

しかし、「厄年」というのが、たんに「災いや厄介ごとを招きやすい年齢」というわけではありません。

「厄」は、かつて「役」でありその「役」とは神役、すなわち「神社の神事、お祭りに奉仕する役」ともいわれていました。

現代の「厄年」にあたる歳では、人からの見られ方、信頼感が変わってくる歳。

今までとは違った「役割」を与えられたり、「役目」を受けるなど転機が訪れる歳とも言われています。

そのような大事な時期だからこそ、物事を好機に運ぶきっかけにもなりうる時期とも言えます。

 

今年の〝 厄年 〟は以下の様になっています。

平成28年 厄年表

〝厄年〟はいつからいつまで?

というご質問をよく頂くのですが、〝厄年〟とは、『年の始めから年の終わりの期間を示す物』で、誕生日からではありません。

また、「 数え歳 」とは実年齢プラス1歳した歳のことです。

厳密に言うとお母さんのお腹の中に生命を宿した時点を0歳、産まれてきた時点で1歳、と数える事から実年齢プラス1歳ということになります。

〝 厄年 〟は人生で3度訪れます。

その中でも2度目の本厄に当たる年が【 大厄 】とよばれ、1番大きな厄とされています。

 

厄年の方はぜひ〝厄祓い〟を受け、厄を落とし、元気に清々しい年を送りましょう。

 

 

なお、当神社では、1月30日(土)、31日(日)に 『 厄除け祈願祭 』を行います。

午前9時~午後4時頃まで、随時〝 厄祓い 〟を受け付けております。

時間の合われる方はぜひご参拝ください。

 

〝年の初めに厄落としを、、、〟

 

皆様が充実した素敵な1年になります様、ご祈念いたしております。