夏の風物詩『夏越祭』


夏越祭(なごしさい)

毎年 6月29日 夕方~

夏越祭境内風景

夏越祭 境内風景(平成29年)

主な祭事と時間

18:00~ 火鑽り(ひきり)神事

18:30~ 大祓い式

19:30~ 御湯立て神事

20:00~ 打上花火

・茅の輪(ちのわ)くぐり

・人型(ひとがた)祓い

・夏越祭限定御朱印授与 ※書置きのみ

 

夏越祭とは・・・

1月から6月までの半年間の災厄を祓うお祭りで、当神社では古くから伝わるお祭りです
人々は皆、普段の生活で知らず知らずのうちに気枯れ(けがれ)を纏っています
このお祭りは今年半年間の災厄・罪気枯れを祓い、この夏も元気に過ごせます様お祈りするお祭りです
お祭りの終盤には神社対岸の土手より 打ち上げ花火が上がり 毎年たくさんの参拝者の方で賑わっております
夏越祭前日風景

夏越祭前日風景

夏越祭風景(平成30年)

夏越祭風景(平成30年)

 

御湯立て神事とは・・・

当神社で古くから行われている特殊神事です
祭り当日には境内の本殿向かって右手に大きな釜を据え、釜の前にて神事を行います
釜にはいっぱいの水を張り、18:00より行われる火鑽り神事にて熾した忌火(いみび)を用い沸かし、神事を行います
茅の葉で作られた祓具で清めた釜の御湯へ浸け、本殿とご参拝者様をお祓い致します
御湯立て神事終了後には、清めた釜の御湯を皆様にお配り致します
この御湯をいただいて飲むと夏病みをしないと古くから言い伝えられております

【画像をクリックすると大きい画像に切り替わります】

(撮影平成30年)

屋台並ぶ境内を歩き、神様へお参り
日本の夏を感じられる空間
お誘い合わせの上、ぜひご参拝下さい

 

※お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください
※雨天の場合も夏越祭は斎行いたします

 

お問い合わせ

空鞘稲生神社(そらさやいなおじんじゃ)
〒730-0802 広島市中区本川町3-3-2

tel 082-231-4476

mail info@sorasaya.or.jp

ホームページメニュー〝お問い合わせ〟からも承っております