令和2年〝初午祭〟のご案内


稲生神社

当社境内末社にあります〝稲生神社〟の例祭〝初午(はつうま)祭〟のご案内です

日時

令和2年3月4日(水)18:00~

 

祭場

空鞘稲生神社境内〝稲生神社〟

※雨天の場合は、空鞘稲生神社本殿内にて斎行致します

 

境内末社〝稲生神社〟の御祭神 宇迦之御魂について

当社境内末社〝稲生神社〟は宝暦年間(1751年頃)の勧請と言われております
御祭神の〝宇迦之御魂神〟は古くから〝稲荷神〟とも呼ばれている神様
御祭神〝宇迦之御魂(ウカノミタマ)神〟の「ウカ」とは穀物・食べ物を表しており、『穀物の神・食の神』とされております
また商売繁昌・家内安全・芸能上達・子孫繁栄・安産などの御神徳高く、古くより広く崇敬されております

 

初午のお祭りとは

旧暦2月初めの午(うま)の日に斎行するお祭りです
※神社によって旧暦・新暦は異なる場合がございます
稲荷大神様が稲荷山に初めて御鎮座になったのが和銅4年2月の初めの午の日ということから、2月の初午の日に例祭が行われております
稲荷神社の総本宮でもある『伏見稲荷大社』におきましても、2月の初午の日に「初午大祭」が斎行されております

 

そらさやの〝初午祭〟

当社では初午祭の日の夕刻より、稲生神社前にて祭壇を設け、神饌を供えお祭りを行います
参拝者は五色の旗に『正一位稲荷大明神』の文字と氏名を記し、それぞれの願いを込め吊るし飾ります
お祭り後は、赤飯をおさがり(撤下品)としてお配りしております
ご参列は自由です
どうぞご参列下さい

 

また祭日の稲生神社御朱印は〝初午祭限定御朱印〟を授与しております
※当社御朱印は本社がメインとされておりますので、ご希望の方は『末社の稲生神社御朱印』をお申し付け下さい

【御朱印受付時間】

 9:00 ~ 17:00

 画像をクリックすると、大きな画像でご覧になれます

 

お問い合わせ

空鞘稲生神社

tel 082-231-4476

mail info@sorasaya.or.jp

※ ホームページ内お問い合わせフォームからも承っております